ヨーガ

ゆるヨーガとは

がんばらない、無理しないヨーガ

yoga01

マナスのヨーガクラスでは、ポーズをとることポイントを置いた、ストレッチやエクササイズのようなヨーガはやりません。

心とからだをゆるめるために呼吸することへの意識を高め、自分のからだの内側の状態を感じながら、緊張をとってリラックスさせることで元気になる、と言うヨーガです。

そもそもヨーガとは運動ではなく、からだや精神を整えるための修行。からだが出来ないことを無理に行うものではなく、出来ないことがあればそれを認知し、呼吸とからだを連動させることで適切な負荷をかけ、それによってどう変わるかを感じていく・・・そういう作業をすることで、普段は見ることがない自分の内側~からだや心の動き~に目を向け、その変化を感じることがヨーガにおいて大切なことなのです。

ゆるヨーガを始めたきっかけ

yoga02

マナスのセラピストである私は、アーユルヴェーダとヨーガは二つで一つ、それぞれの役割が補完し合っているものだとは知っていましたが、長年、ヨーガをやることをためらっていました。

それは、私は生まれてからずっと体が硬く、小学校から前屈で床に手がつくことはなく、股関節も開きません。ヨーガが流行りはじめた頃から憧れはあったものの、ヨーガの本などを見ると私にできるようなものはなく、鏡張りのヨーガスタジオで一人恥ずかしい思いをすることを想像すると、習いに行くことはできませんでした。

ところがアーユルヴェーダを勉強する中で、ヨーガ療法のクラスを受ける機会が。すると、ポーズは出来なくてもいいと言うし、筋が痛くなったり、呼吸が出来なくなったりすることもなく、本当に体が気持ちよくなったのです。

そこで、2014年ヨーガ療法を学ぶため、ヨーガ教師養成講座(YIC)を受講すると、ヨーガ理論の面白さにはまると同時に、ヨーガの先生にもいろいろあってポーズ重視の人ばかりではないことも良く分かりました。そして、改めて私のできる普通のヨーガも体験したくなり、サロンのお客様であったヨーガの先生に話をしたところ…

  • 無理しない
  • からだが固くてもOK
  • ポーズは気にしない
  • からだや心の緊張をとる

と言う、私のやりたいヨーガのスタイルであることを知り、ヨーガクラスの先生をお願いすることにしました。

クラスの雰囲気

yoga03

お話ししたように「ゆるヨーガ」クラスは、そもそもヨーガ初心者の私が、周りを気にすることなく習いたくて始めたもの。だから、私と同じような悩みを持つ方々の気になる点をしっかり押さえています。

  • 上手く出来なくても気にならない少人数制(最大4名)
  • 少人数だから、その日に来た方の悩みや体調に内容を合わせます
  • ヨーガマットはこちらにあります
  • 服装は動きやすければ何でも!ジャージでOK
  • 雰囲気のある明るすぎない部屋
  • 激しく動くことはなく、ゆっくりとした動きのみ

ポーズは出来なかったらやらない、からだが痛すぎたら戻る、やりすぎない、無理しない、がんばらないがモットーのクラスです。

なんの準備も気遣いも必要ありません。着替えの場所、荷物を置く棚など必要なものはあります。お部屋の雰囲気がとっても良いので、呼吸に集中して、本当にリラックスすることができます。

ヨーガに興味があるけど、やったことがなかった方、男性の方、からだが固いのが悩みの方、いつも疲れていて肩や背中が張ってる方、からだに痛いところがある年配の方、などに体験していただきたいヨーガクラスです。

ゆるヨーガ予約ページへ

講師紹介

タル先生

yoga04

小さい頃からクラシックバレエに打ち込んでいました。
骨格的にクラシックバレエに向いていなかったため
20歳にしてダンサーを断念。
ある日、ヒトの細胞の電子顕微鏡写真を見て、
その美しさに衝撃を受け、体に興味を持つように。

瞑想はシナプスの電気信号の伝わり方を
感じることができるということを知り、
瞑想からヨーガの世界に入りました。

今はシヴァナンダヨーガを中心に
日々を過ごしています。
まったく悩みがないとはいえませんが、
ポジティブをモットーにしています。
朝日とともに起きて、暗くなったら眠る生活というのが
夢のまた夢。

日本ヨーガ瞑想協会ヨーガ指導者トレーニング(綿本彰) 修了
日本ヨーガ瞑想協会登録ヨーガ指導者
トラウマ・アプローチ・ヨガ指導者

ゆるヨーガ予約ページへ