ハーバード大学式野菜スープとアーユルヴェーダ

東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダとヨーガのサロン manas《マナス》です。
【ゆるヨーガの開催日程はこちらから】
【インドのお洋服セール中!】
朝晩の冷え込みが深まってきましたねー
温かいスープがおいしい季節になってきました。
そこで、最近話題になっている
「ハーバード大学式野菜スープ」のお話です。
このスープの提唱者は、麻布病院院長であり、
ハーバード大学で免疫とがん・免疫と食事の関係を 長年研究されてきた
高橋弘先生。

この「ハーバード大学式野菜スープ」では、
野菜の持つ、「ファイトケミカル」をとるのが目的です。
では、ファイトケミカルとは一体なんでしょう?

ファイトケミカル(フィトケミカル)とは、

ファイト(phyto)はギリシャ語で植物を、
ケミカル(chemical)は英語で化学成分を意味しているのです。
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で
しかも、この成分は、植物にしか作ることができないのです。
私たちは、植物を食べること以外に、ファイトケミカルを
摂ることができないということなんですね。
ファイトケミカルの9割は、野菜や果物などの
私たちの身近にある、食品に含まれているということ!
ファイトケミカルの主なものです。

~Very one「野菜スープの簡単レシピ!免疫力アップの作り方!」より~

さらに、このファイトケミカルのパワーがすごい!
・抗酸化力
・代謝を高める
・アレルギーを押さえる
・免疫力を高める
・がんを予防する
・抵抗力がつく
・便通がよくなる
などなど、試してみたくなることばかりです。
そんなすごいスープの作り方はとっても簡単!
いつでも手に入りやすい4つの野菜、
玉ねぎ・かぼちゃ・にんじん・キャベツを切って水と煮るだけ。

ポイントは、ファイトケミカルが多く含まれるという
皮の部分もそのまま使うこと。

かぼちゃやにんじんは皮つきのまま、
玉ねぎの皮も、出汁パックのようなものに包んで
一緒に煮ると言う方もいました。
そして、ことこと煮たら出来上がり! 味付けは何もしません。
詳しい作り方は、
「簡単レシピと野菜のチカラ~ハーバード大学式命の野菜スープを読んで~」
など、他のサイトにたくさんありますので参考に。
そして、いただく時は、汁だけを飲みます
煮た野菜は別にして食べても食べなくてもよく、
ただ、すべての成分は水に溶けだしてしまっているので
ほとんど味がなく、あまりおいしくはないようです。
私が、このスープについて、いろんな記事を調べてみたのは、
実は、以前にアーユルヴェーダの診察を受けた際に教わった
野菜スープの作り方や飲み方とそっくりだった
からなんです。
野菜の種類は少し違いますし、
調味料も、岩塩とスパイスを少しだけ加えたり
ギーを加えても良かったりしましたが、
数種類の野菜を50~60分煮て、汁だけ飲む!
の方法が全く同じでした!
もちろん、ファイトケミカルなんて言葉は
これっぽっちも出てきませんが、
アーユルヴェーダは、なぜこんなことまで知ってるのでしょう。
とっても不思議~
この野菜スープ、いまならサーモスとかに入れて
持ち歩くことも出来ますしね。
ただいま、人生何度目かの食生活見直し期に入ってますので
私も、またやってみようと思います!
アーユルヴェーダ&ヨーガサロンmanas 《マナス》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です