ワークショップの実習でやるスパイスミックス作り

東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダとヨーガのサロン manas《マナス》です。
【ゆるヨーガの開催日程はこちらから】
【インドのお洋服セール中!】
相変わらず、歯抜け状態で心もとないセラピストのスミヨシです。
でも、だいぶ普通にご飯が食べられるようになってきました。
食い意地だけは負けません。
さて、日曜に迫ってきたワークショップで私が担当する実習。
今回は、アーユルヴェーダの薬剤でもある
スパイスミックスを作ります。

その名も、
ヒングアシュタカチュルナ
まるで、呪文のような名前ですよね?
ヒングアシュタカチュルナ
おもしろいので2回言ってみました。
はい、すみません、説明します。
これは、8種類のスパイスや岩塩を混ぜて作るもので、
今回は用意できる限り、ホールスパイスから作ります。
このために新調したイワタニのミルサーでガリガリと
粉々にして、ひき立て新鮮なスパイスの香りと味を
楽しんでもらおうかと。その方が、効能も高いですし。
というわけで、スパイス屋さんから素材を取り寄せ
さっそく実験してみると・・・
見事、薬剤として普通に飲める粉状になりました!
イワタニさん、すごいね!!
150910.jpg
楽しくなってきたので、
ニーム茶の茶葉を取り出して飲用ニーム粉
作ってみました!楽しい~
15091000.jpg
ヒングアシュタカチュルナは、
消化・代謝力アップに役立つスパイスミックスなので
お腹がすかない、食欲がない、ガスがたまる、
お腹がぐるぐるいう、というような症状の時、
白湯や常温のお水で1グラム程度飲むと○。
あとは、ジャガイモや豆類などガスがたまりやすい食材の
調味料として加えてもよいと思います。
当日は、いくつかのお料理も用意して、
調理に使った時の味の変化も楽しんでもらいます。
多めに作って、おうちにお持ち帰りしていただきますので
ぜひぜひご参加ください♪
アーユルヴェーダ&ヨーガサロンmanas 《マナス》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です